Home > 錯視 > 運動錯視 > ジター錯視

 

錯視ジター錯視

説明をよむ

動画を再生して10秒間中心を見つめ、目をそらさずに再生を停止して下さい。

説明

動画を再生し、しばらくの間じっと見つめてください。周辺の部分が、ちらちらと点滅していますが、中心部分は止まっています。10~20秒くらいしたら、目を動かさずに、再生を停止してください。動画の再生を止めると、全ての動きが静止します。しかし、中心部分がしばらくの間、揺れて見えませんか?これがジター錯視です。ジター(jitter)とは「ブルブル震える」という意味です。

私たちの目は常に動いています。ある点をじっと見続けている場合でも、やはり目は動いています(振動している、というイメージです)。このような目の動きは、当然網膜像の動きをもたらします。私たちが普通、世界が揺れて見えないのは、このような網膜像の動きを補正するしくみ(つまり手ぶれ補正のしくみ)が視覚システムに備わっているからです。

揺れたパターンをじっと見ること(順応すること)により、その補正のしくみが弱まります。その結果ジター錯視では、自分の目のゆれが、順応していない部分で観察されていると考えられます。

参考文献

  • Murakami, I. & Cavanagh, P. (1998). A jitter after-effect reveals motion-based stabilization of vision. Nature, 395, 798-801.

デモについて

  • デモの操作方法については、使用方法のページをごらんください。

Back to top

運動錯視一覧

リバースパースペクティブ

運動残効

ライラックチェイサー

マッカイの光線

止まっているのに動く

止まっているのにゆれる

エニグマ錯視

エニグマ錯視2

ピンナ錯視

呼吸する四角形

運動誘発盲

運動の対比

運動の同化

存在しない正方形のジャンプ

エイムズの窓

動くと位置がずれる

サイクロイド運動

ジター錯視

Back to top