Home > 錯視 > 運動錯視 > 止まっているのにゆれる

 

錯視止まっているのにゆれる

説明をよむ

説明

1枚目、2枚目の画像とも、「止まっているのにゆれる」錯視図形です。じっと見ていると、なんとなく揺れているように感じます。一方向に動いているようにも見えます。また、とくに1枚目の画像では、目や頭を上下左右に動かすと、明確に一方向に動いているようにも見えます。

このような動きの錯覚がおきるのは、私たちの目の動きがその原因であると考えられます。目は、たとえ何かをじっと見ているときでも、絶え間なく動いており、通常、止まることはありません。そのような目の動きは、当然網膜像にブレを生じさせます。目と脳が協調して巧妙に働くことにより、ふつうブレは補正されます。しかしながら、ブレ補正が働かない状況のときに、「ゆれる」錯視が観察されます。くわしくは、「止まっているのに動く」の解説をごらんください。

デモについて

  • デモの操作方法については、使用方法のページをごらんください。

Back to top

運動錯視一覧

リバースパースペクティブ

運動残効

ライラックチェイサー

マッカイの光線

止まっているのに動く

止まっているのにゆれる

エニグマ錯視

エニグマ錯視2

ピンナ錯視

呼吸する四角形

運動誘発盲

運動の対比

運動の同化

存在しない正方形のジャンプ

エイムズの窓

動くと位置がずれる

サイクロイド運動

ジター錯視

Back to top