Home > 錯視 > 形の錯視 > テーブルの錯視

 

錯視テーブルの錯視

説明をよむ

テーブルの天板をくらべると、どちらが細く見えますか?動画を再生してたしかめよう。

説明

アメリカの心理学者シェパードが、「テーブルを回転させる」という題で発表した錯視図形です。とてもシンプルな図形ですが、その効果には驚くべきものがあります。テーブルの天板は左右で同じなのですが、大きく異なって見えます。動画を再生してみましょう。左右のテーブル上のテーブルクロスが移動する様子を見ることができます。これなら、二つの天板が同じ大きさ・形だと確認できますね。しかし、これでも納得されないかもしれません。というのも、テーブルクロスの模様ですら、左の天板に置く場合と、右の天板に置く場合で違っているように見えるからです。この錯視がとても強力である証拠です。

錯視が生じる原因は、テーブルの脚がもたらす三次元的な奥行き感にあります。左右で奥行き感は異なりますから、それにつられて天板の形状が全く違って見えるのです。視覚システムにより推定された三次元世界の中で、大きさや形が判断されているということから、この錯視は、「大きさの恒常性」や「ポンゾ錯視」と似ているといえます。

デモについて

  • デモの操作方法については、使用方法のページをごらんください。

Back to top

形の錯視一覧

大きさの恒常性

大きさの恒常性2

テーブルの錯視

消える染み

傾きの対比

しま模様の対比

コントラストの対比

しま模様の残効

本物よりくっきり見える
(ブラー順応)

Back to top