Home > 錯視 > 陰影(シャドーとシェード) > クレーター錯視

 

錯視クレーター錯視

説明をよむ

月面クレーターはへこんでいます。動画を再生すると見え方は変わるでしょうか?

説明

動画を再生してしばらくすると、クレーターの画像が回転します。回転した後は、もはや凹んでは見えず、逆にでっぱって見えます。「陰影の錯視」で説明した原則により、脳が形を解釈した結果です。「光は上から来るという事実とマッチするように奥行きを認識する」という脳のきまりごとは、クレーターのような実際の写真を見るときにもあてはまるのです。

クレーター錯視は、1938年にフィンランドの心理学者 K. von Fieandtにより発表されました。

回転前
回転前
回転後
回転後

参考文献

  • Reichel, F. D. & Todd, J. T. (1990) Perceived depth inversion of smoothly curved surface due to image orientation. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 16, 653-664.
  • Richards, W., Wilson, H. R. & Sommer, M. A. (1994) Chaos in percepts? Biological Cybernetics, 70, 345-349.

デモについて

  • デモの操作方法については、使用方法のページをごらんください。

Back to top

陰影(シャドーとシェード)一覧

影が動かす(ボール)

影が動かす(図形)

陰影の錯視

クレーター錯視

陰影の対比効果

陰影と形

陰影の輪郭

隠れた円盤

ホロウマスク錯視

Back to top