Home > 錯聴 > 時間知覚 > 音素修復とタイミング

 

錯聴音素修復とタイミング

説明をよむ
A
B

Aでは、ある文章を読み上げた音声の途中に短い雑音が入っています。雑音は、どの文字(音素)のタイミングで鳴っているでしょうか。Bでは、文章の一部が削除されています。どの文字(音素)の部分でしょうか。

説明

Aでは、雑音の部分の音声はBとまったく同じように削除されていますが、音素修復が生じて、文章がなめらかにつながって聞こえます。こうなると、どの部分が削除されているのかを当てるのは非常に困難になります(正解は「電話」のdのあたり)。一方雑音が挿入されていないと、どの部分が削除されているか容易にわかります。

ひとまとまりの音の中でのタイミングはきわめて正確に判断できますが、声と雑音のように無関係の音の間でのタイミング判断は困難なのです。
(『音のイリュージョン』p.65-66)

参考文献

デモについて

  • デモの操作方法については、使用方法のページをごらんください。
  • 錯聴デモを使用される際には、耳にダメージを与えないよう、お使いのデバイスの音量設定を最適な状態にしてからおためしください。

Back to top

時間知覚一覧

音素修復とタイミング

連続聴効果における後付け的な知覚

音脈分凝とタイミング1

音脈分凝とタイミング2

音脈分凝とタイミング3

Back to top